Jリーグの某J3チームはファンサービスとしても冬季でもスキーイベントの主催や参加はしない方針のようです。

理由の1つはスキーで余計な怪我をしたら困るから、というような事。

なる程、それは当然な考えのようにも思えますね。

それはつまり、サッカーよりもスキーの方が危険であり負傷率が高いという認識があるからでしょう。

ですが、ここにある「ゴルフはスキーよりも危険」という記事の内容を読むとびっくりするかも知れません。

なぜなら、最も危険なのはサッカーで71%、スキーは41%しかないのですから。

これは2018年のイギリスでの調査との事。

尚、フットボールとあるのは、イギリスではサッカーの事をそう呼びます。

引用元 PlanetSKI.eu – Number 1 for ski news

そうなるとファンサービスでスキーをした方がサッカーの練習をしているより安全度が高い事になる訳です。

Jリーグに限らず、もし仮りにどうあがいても成績が上がらないようなチームがあるとしたら、選手の基礎的身体能力アップも兼ねてたまにはスキーに行くのも一考と言えましょう。

JFA日本サッカー協会もスキー実習をしています。

https://www.jfa.jp/news/00003985/

引用元 日本サッカー協会

バランスパークのバラン・スーは「サッカー部員スキーツアー」も企画しスキーレッスンを通してバランス能力向上に一役買うつもりですので、是非ご検討下さい。

画像引用元は Short radius turns for speed control   Deb Armstrong でした。