平衡感覚を狂わされて閉口した・・・。

この動画の中で歯科医の先生が被験者の背中を雄….オス?メス?…ではなく、押すとそのまま動かず何ともない場合と前に動いてよろけてしまう場合とがあります。

勿論これは酔っ払っているとか寝ぼけているとか催眠術に掛かっているというような変な設定ではなく普通の状態でやっているようです。

とにかく、前に動いてよろけてしまう場合は何かによって平衡感覚が狂わされていると。

そして、その何かこそが◯◯◯だと、この先生は力説しております。

言いたい事はわかるのですが、押すなどというよくあるインチキな業者がやりそうな比較方法では、押された人が芝居をしている可能性が疑われてしまいます。

もうちょっと科学的な比較をしてもらいたいものです。

さて、押されてよろけてしまうかどうかはともかく、◯◯◯のせいで健康に異常をきたしている人が増えていると思われる現状は確かに問題ではあります。

◯◯◯による異常症状や健康被害の例としては、頭痛、めまい、吐き気、不眠、記憶力低下、判断力低下、脳腫瘍のような脳関係にとどまらずそれこそアレルギー、アトピー、免疫力低下、不妊、流産、異常出産、癌、白血病などなど放射能を浴びた場合と似たような事が既に指摘されていますので、調べてみた方が良いかも知れません。

で、◯◯◯は何かと言いますと、覚醒剤、頭痛薬、睡眠薬、抗鬱(こううつ)薬、有毒薬物、毒きのこ、フグ毒、マムシ、病原菌、放射能などの場合も考えられますが、今回の答えは電磁波です。

特に電波などの電磁波は目に見えず体にも感じられない事がほとんどなので、それが原因となる事に気付かない人の割合が多いようです。

引用元   電磁波過敏症を考える   藤井佳朗

なお、一般的にも 平衡感覚障害 は病院でも診てもらえるようです。

引用元 横幕鍼灸院